Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZETMAN 【第06話】 感想

こちらの記事はトラックバック送信専用です。
TBを戴いて送信不可能なブログ様のみこちらより送信させて戴いています。
TBは Loving You にお願いします。

護るべき者

以下この記事には作品の核心に触れる内容(ネタバレ)が含まれている可能性があります。

ZETMAN

【01】 【02】 【03】 【04】 【05】

【第06話】 「人質」

脚本 冨岡淳広
絵コンテ 本多康之 高谷浩利
演出 宮原秀二
作画監督 小谷杏子 小美戸幸代
総作画監督 岩佐裕子 鈴木勤

05月09日 ニコニコ動画 00:30

★★★★★


人(浪川大輔)は変身出来ず一方的にエビエボル(てらそままさき)にやられています。
高雅(宮野真守)はフナムシエボル(竹田雅則)の人質となっている小葉(花澤香菜)と朋美(片岡あづさ)の救出の為”アルファススーツ”で出動します。


人は変身ガム(促進剤)がなくて苦戦しています。
苦境の中でも人は”護る”という事の意味を理解しています。
監視ルームに光鎧(飯塚昭三)と杉田(伊藤栄次)が現れますがあくまでも静観です。
エビに「変身出来ないのか」と見透かされ「人質を一人殺したら変身するのか」とあくまでもZとの戦いを望む戦闘狂のようです。
それこそプレイヤーの本質本能なんでしょう。
小葉に危機が迫りますがフナムシは小葉の素性を知っているようです。
恐怖の余り粗相をしていまう小葉ですがこの表現って必要ですか?
その場を中田二郎(堀勝之祐)が監視していました。
小葉の命にも危険が及んでいますが二郎は「もしもの場合には頼む」と999の車掌中田一郎(南央美)に言っています。
監禁場所が判明し高雅は急ぎますが勝手に空飛んで大丈夫なのでしょうか。
まぁ未来ですし天城コーポレーションですからね。(笑)
漸く人の覚醒が始まり反撃に出ますが”Z因子”の上がり方が鈍いようです。
不意の攻撃を受けたエビですが脅威の回復力で結局何ともないようです。
そこに灰谷(遊佐浩二)が現れて「Z因子は次の段階に入った」と涼しい顔です。
何をしたいのか良く判りませんがプレイヤーに関する詳細を掴んでいるのは確かでしょう。
人も小葉の許へと急ぎます。
一方人の部屋で田中花子(伊瀬茉莉也)は不遇な家庭を思い出しています。
短い時間であっても人と過ごした時間は暖かく心地良いものだったようです。
突如頭痛に襲われる花子ですがフナムシの手先が現れます。
花子の頭痛も(歯列矯正も)何か意味あり気ですね。
一郎の手を煩わせる前に人は監禁場所に到着しますがZ因子の上昇も止まって体にも負担があるようです。
プレイヤーの気配を感じつつも姿はなく小葉達の救出にかかります。
抱き抱えられた小葉は粗相で「汚いから」と固辞しますが人は「直ぐに来れなくてゴメン」と察しています。
素っ気無く見えても人は成長の過程できちんと感情と言うものも得ています。
そこをフナムシが急襲し救出の前に戦うことになりました。
一方的にやられている人ですが小葉も瀕死の重傷で再び気を失っています。
そこで高雅が到着し一気に反撃です。
まさかの人と高雅の再会となりましたが先ずはフライングハンガーで小葉と朋美を救出ということになります。
フライングハンガーの定員は二人までなら何とかというところですが早見(鈴村健一)は小葉だけを救出し高雅にも戻るよう非情の決断を迫ります。
二郎のテストと同じです。
小葉を朋美を乗せフライングハンガーを送り出した高雅ですが今度は最善を選択出来たようです。
人に促されエビを追う高雅です。
一方人は護るべき人達がまだ居ると思っています。
外へ向おうとする人の前に”護るべき”ホームレス達が現れました。
普段の恩返しに人を護ると言っています。
エビと対峙するホームレス達ですが怯むことはありません。
しかし生身の人間では分が悪いのは自明ですが高雅が再び現れます。
大怪我の人は動けずにいましたが灰谷がやって来ます。
人をカリスマとか言いながら蹴り入れるとか中々バイオレンスですね。
灰谷は人が生まれた時からずっと見ていたようです。
そして人が「最終段階に入った」と伝えます。
更に”暴きの輪”の杭を人の胸に突き刺し埋め込みます。
苦しむ人ですが突如左手の暴きの輪と共鳴をし変身を始めます。
Z因子は急上昇を続け光鎧(飯塚昭三)にも何が起こっているのか理解を越えてしまったようです。
そして最終段階の赤いきつねZが現れました。

花子はどした?
という訳でアルファスの戦闘力(というか武器)も中々ですが遂に赤Zが現れました。
少なくともエボルは人間に危害を加える事はないようですがその幹部に納まっている灰谷は内心それに反している筈ですが今は組織を隠れ蓑にしているということでしょうか。
中田兄弟?との繋がりもありますが少なくとも二郎は人間ですよね。
赤Zは果たして正義の味方になりうるのかも謎ですが(予告を見る限りは心配なさそうですが)光鎧の思惑を遥かに凌駕しているようでもあります。



L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

017ae940Loving You
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

アニメーション

TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト 境界線上のホライゾンII アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2カウンター

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。