Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓 【第06話】 感想

こちらの記事はトラックバック送信専用です。
TBを戴いて送信不可能なブログ様のみこちらより送信させて戴いています。
TBは Loving You にお願いします。

キニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマス


以下この記事には作品の核心に触れる内容(ネタバレ)が含まれている可能性があります。

【原作既読/氷菓(1巻相当)患者のエンドロール(2巻相当)

氷菓 【2クール】

【01】 【02】 【03】 【04】 【05】

【第06話】 「大罪を犯す」

脚本 西岡麻衣子
絵コンテ 坂本一也
演出 坂本一也
作画監督 高橋博行

アイキャッチ 小暑

05月28日(月) テレビ神奈川(tvk) 25:00

★★★★☆


折角原作二巻目を読了したのですがアニメは時系列順に並び替えているようで残念な事に?未読のエピソードでした。(笑)

授業中に退屈している奉太郎(中村悠一)です。
その時隣のクラスで何やら一悶着あったようですがえる(佐藤聡美)が聞こえています。


奉太郎のクラスでは退屈と感じる程に粛々と授業が進んでいます。
ペン回しに興じる奉太郎ですがそんな授業を中断させるA組の騒動です。
数学教師の尾道(山崎たくみ)にえるが詰め寄っているようでもあります。

放課後の古典部では里志(阪口大助)が摩耶花(茅野愛衣)に一方的に叱責されています。
取り成そうとクッキーまで取り出すえるですが好転の兆しはありません。
牛乳も摩耶花には通じません。
”無謀な人間・千反田える"と奉太郎は傍観しています。
摩耶花のボルテージは上がる一方でえるも妙な動きをしています。
流石にえるを見かねたのか単に五月蝿いからなのか奉太郎は「疲れないか」と摩耶花に声を掛け一旦一休みです。
里志は一先ず危機が去って奉太郎に感謝していますが当然違います。(笑)
まぁそんな里志ですから救いの手が現れなくても黙って遣り過していたのでしょうけど危機が去った途端に饒舌となります。
自らにも責任がありそうですが摩耶花に「怒ってばかりで疲れないか」と他人事です。
更にえるが怒ったところを見た事がないと言っています。
えるは「里志や奉太郎も見た事がない」と返しますが摩耶花と奉太郎は口々に里志は怒ると言っています。
それは本人も認めるところですがえるは意外に思っています。
奉太郎曰く見栄を張って誰彼構わず感情を出さないだけだからが真相のようです。
摩耶花は「怒っても怖くない」と言いいますが里志は「舐められている」と反論しています。
クッキーを持ったままのえるにはその辺りがちょっと気になるようですが里志はえるの"好奇心の標的"になりそうな雰囲気を警戒しています。
奉太郎はえるが里志の怒るところを見るために策を弄すかもと何だか楽しそうです。
ところがその矛先は奉太郎にも向けられますが奉太郎が怒る訳無いと摩耶花に鼻で笑われています。
しかもえるの温厚だからかという問いにも「人間的に寂しいから」と散々な言われようです。
摩耶花にここまで言わせる奉太郎は兎も角この二人の間に何があったのか私気になります。(笑)
この酷い言われように内心で怒る奉太郎ですが自画自賛とかやっぱり変です。
里志も「感情欠陥」と追い討ちを掛けますがやはりえるの温厚さは別格のようで調子に乗って摩耶花に見習えとまで言っています。
えるは怒らない事が褒められていない微妙な評価に感じたようですが少なくとも悪い意味ではありません。
そう憤怒は重大な罪だからです。
憤怒 傲慢 大食 強欲 嫉妬 色欲 怠惰
七つの大罪です。
と言うか奉太郎は"108"(煩悩)とかボケて話しの腰を折っています。(笑)
いやマジか?!
怠惰の言葉で奉太郎をジト目で見る摩耶花です。
摩耶花はそれらに当て嵌まらないえるを完璧だと言い里志も同調していますが奉太郎には褒めるを通り越してからかっているようにしかみえないようです。。
実際えるはアタフタしています。
摩耶花と里志は面白がって更に褒めちぎっていますが天使のチタンダエルとか・・・。(笑)

やめてくださいってば!

えるが怒りました。
というか叱った?
もう知りません!のぷんぷんです。
えるは怒らない事が言い事であるとは思っていません。
他の大罪にしても同様です。
要するに程度の問題と言う事ですね。
自分は大丈夫だと無理矢理納得している奉太郎ですがえるが怒らないのは疲れるかららしいです。
お!省エネのお仲間じゃないですか。(笑)
奉太郎ビジョンでは天使・チタンダエルの登場ですが里志にとっては単にえるが毒されただけの話です。
更に摩耶花も一緒になって騒いでいます。
省エネ妖怪って何だよ!(笑)

冗談です

冗談です(大事な事なので二回言いました笑)と満面の笑みのえるに糠喜びに終った奉太郎でした。
えるも怒るようですがそれを記憶力が異常にいいえるが簡単に思い出せないところをみるとレアであるのはたしかなんでしょう。
所謂沸点が高いのですね。
米の一粒は汗の一滴なので食べ物を粗末にするとえるは怒るようです。
流石豪農千反田家です。

と前フリが長かったですが(笑)ここで奉太郎は地雷を踏む事になります。
五時限目の授業中に怒っていなかったかとえるに尋ねたのです。
はっとして思い出すえるですがそう言う事は覚えていないんですね。
しかもその件で奉太郎に聞きたい事が有ったようです。
完全に藪蛇ですがえるさん顔が近いですよ。
キニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマスキニナリマス
大量のチビエンジェル・チタンダエルの登場です。(笑)
これは拙いと華麗なるスルーを決めようとした奉太郎ですが抗うことは不可能でした。

えるは里志から事情を尋ねられ怒った事を認めますが何が起こって何に対して怒ったのか自分でも判らないとかイミフです。
・・・アレな娘ですか?(笑)
説明ももどかしいのか私気になりますで押し切ろうとするえるでした。

少し落ち着いて事の顛末をえるは話し始めます。
数学担当の尾道ってヅラ?(笑)はさて置いて要するに教わっていない内容の問題を出されそれに答えられなかったクラスメイトに尾道がキレてそれにえるがキレたと言う事です。
結局尾道は自らの勘違いを認めて謝罪もしますがそこでえるが気になったのは何故尾道が授業進度を間違えたのかと言う事です。
まぁ解決したんだからどーでもえーわー。(爆)
えるは尾道が間違いの少ない教師であるからそんな単純なミスが不思議なようで"好奇心の怪物"は真実の裏側にまで踏み込むのがお好きなようですね。
奉太郎は全く興味なさげです。

えるさん近い!近い!

一旦火が付いたえるの好奇心は留まる事は有り得ません。
「奉太郎の前世はキリギリス」と茶化す善性が判る?!摩耶花に一瞬えるの好奇心が動きますがプライオリティが揺らぐ事はありませんでした。
ご愁傷様。(笑)
読んでる本が夏の災厄って。(爆)
それにしてもえるにとっては好奇心に勝るものはないようでその形振り構わぬ姿は潔いです。
いやそこまでの熱意を見せられたら断る勇気も失せますね。

尾道は授業が終ると教科書に何やらメモを取り授業が始まる前には教室のプレートを確認しています。
それでも授業進度を間違えたのは何故か。
別の日と間違えた可能性を指摘するやる気のない奉太郎に「戻る事はあっても進まない」とジト目の摩耶花です。
それにしても摩耶花にとって奉太郎は親の仇かよ。(笑)
原因は兎も角何故えるがわざわざ口に出してまで怒ったのかは本人も良く判らないようです。
奉太郎もその辺りえるの喜怒哀楽のツボ加減を知るには知らなさ過ぎると余計な事を考えています。
色々と原因の可能性を探る奉太郎ですが里志からの有力な情報が齎されます。
同じ尾道が担当する里志のD組ではA組より授業進度が先行していて教えたと勘違いした内容を終えていたのです

バーロー(笑)

たったひとつの真実見抜く、見た目は見た目は・・・もう答えは出たようなものですね。
奉太郎もあっさり辿り着きました。
ここで活躍するのがえる持参の英字クッキーです。

先ず尾道はメモを読み違えたという事は間違いありません。
担当のA~D組の中で間違える可能性はAとDだと奉太郎は言いますが摩耶花はあっさり否定してバカにしています。
ところが数学教師であるが故に間違えたというのです。
aとdなら可能性は高くなるのです。
数学教師なら小文字が当然と言うのは知らなかったですが(数学苦手なんです-える風-笑)説得力はあります。
それに本人に聞くのが何より一番ですがこの場での奉太郎のミッションは実は真実を見抜く以上にえるを納得させる事なのでそれをクリアすればいいだけの話です。
大体そんなにキチンとした教師なら当然だろうと大文字で書くのではとか野暮な事は言いません。(書いてますが爆)
えると里志はあっさり納得し摩耶花も渋々認めています。

あくまでも推察の範疇ではありますが可能性が高いのは確かでえるは少し尾道に言い過ぎたと反省しています。
その姿に奉太郎は何かを感じているようです。
摩耶花はそんなえるに解せないと食い下がりますが里志がそろそろ帰ろうとなだめます。
奉太郎はえるが本当は怒りたくないから尾道の事情を知りたがったのかと考えています。
えるの行動は読めても心は読めないのは当然でそれが出来ると考えるのは傲慢であると肝に銘じる奉太郎でした。

ミステリー的な部分では箸休め的な軽いエピソードでした。
奉太郎がえるの色んな一面を感じ取った一日だったのは興味を抱き始めているからこそだと思います。
但しえるみたいに夢中になると妙に距離感がなくなって必要以上の勘違いを生む女の子は難易度が高いですが時に振り回されるのも悪くはないでしょう。(笑)
えるが天使というのも強ち的外れではなさそうです。



L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

017ae940Loving You
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

アニメーション

TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト 境界線上のホライゾンII アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2カウンター

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。