Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセル・ワールド 【第09話】 感想

こちらの記事はトラックバック送信専用です。
TBを戴いて送信不可能なブログ様のみこちらより送信させて戴いています。
TBは Loving You にお願いします。
ラブってない。[ユニゾン]

以下この記事には作品の核心に触れる内容(ネタバレ)が含まれている可能性があります。

【原作既読/01巻~11巻】

アクセル・ワールド 【2クール】

【01】【02】(WEB先行試写)
【01】 【02】 【03】 【04】 【05】 【06】 【07】 【08】

【第09話】 #9 「Escalation;激化」

脚本 横谷昌宏
絵コンテ 市村徹夫
演出 飛田剛
作画監督 宍戸久美子 亀谷響子 小川浩史
メカ作画監督 青山正宣
総作画監督 小川エリ 吉田南 愛敬由紀子

06月02日(土) テレビ神奈川(tvk) 25:30
06月05日(火) バンダイチャンネル 12:00
06月05日(火) ニコニコ動画 23:00

★★★★★


赤の王(日高里菜)から黒の王・黒雪姫(三澤紗千香)との対面を要求されレギオン内での打ち合わせの結果会談を持つ事になります。

昼休みに「お早う」って業界人かよ。(笑)
さて学校の昼休みに一人チユリ(豊崎愛生)の弁当を食べるタクム(浅沼普太郎)の元に堂々とラブってると黒雪とハルユキ(梶裕貴)が現れます。
赤の王の「黒の王に会わせろ」という要求に対するレギオンの会議です。
タクはデータ不足でその真意を掴みかねていますが身元が露見しなかった場合ハルの性格からその結果を推測しています。
あっさり騙される・・・黒雪は「見え透いた罠」と一笑に付しますが例え話だけで涙ぐむハルでした。
さすが幼馴染です。(笑)
まぁ一瞬レギオンを移籍して"妹"を助けて戻るとか不可能なので単なるバカです。
王にはレギオンメンバーに対して断罪の一撃[ジャッジメントブロー]と言う一発退場技があるので生殺与奪権を握られてしまいます。
つまりレギオンに引き入れて無理やりハルにやらせたい事があったのではないかと推測しますが正体がバレたので黒雪と直接取引をしようと考えているのではないかと言うのです。
結局のところニコの思惑は不明ながら黒雪は会うことを決断します。
会談は午後四時にハル宅のリビングということになりました。

放課後ハルは黒雪と一緒に帰宅しますが「心の準備が出来ていない」から場所を変えてくれとかイミフです。
黒雪も「赤の王が良くて自分はダメ」というのは到底承服できません。
問題はあのコレクションらしいです。(笑)
心配してる時点で負けフラグですが帰宅すると案の定赤の王はあのコレクション=アレなゲームソフトを広げて変顔で遊んでいました。
まぁ黒雪もその手のソフトは嫌いじゃないらしいですが赤の王は態々別の意味での"Z指定"には手を付けなかったと言ってます。(爆)

をわた・・・

早速言葉で応酬する黒の王と赤の王ですがよせばいいのに(笑)間に入ったハルは更に油を注いでいます。
そこにタクがやってきますが空気を読んで黙ってハルに頷くのでした。

先ず自己紹介からと言う事で赤の王が偽造不可能の量子暗号鍵付きネームタグを出しました。
赤の王・スカーレット・レインは上月由仁子[コウヅキユニコ・2035.12.07生]というのが本名です。
シアン・パイルは黛拓武[マユズミタクム・2033.04.02生]。
シルバー・クロウは有田春雪[アリタハルユキ・2033.04.23生]
で黒雪は知らん顔です。
ニコはジト目で見ていますが知らん顔です。(笑)
痺れを切らして催促します。
ブラック・ロータスは・・・

黒雪姫[クロユキヒメ・2032.09.30生]

偽造不可能の筈ですが(笑)ニコも呆れて本名を聞くことを諦めました。
まぁ次が本名である保障はありませんから賢明な判断です。
ただ険悪というか一触即発の雰囲気になりました。
この辺りの件は原作を読んだ時から好きなんですがよりコミカルに描かれていて良かったです。

自己紹介も終わり?先ずタクはハルのリアルを割った方法を尋ねました。
それは
杉並区内の中学校に見学を申し込んでパスを貰い学内ローカルネットに接続。
加速して対戦リストでシルバー・クロウが梅郷中の生徒であることを特定。
梅郷中の校門前のファミレスで(見た感じ校門前は住宅街の路地だったようなと思ったら横かよ笑)生徒が通る度に加速して確認。
以上でハルのリアルを割ったというバーストポイントに余裕のある(200少々使用)王にしか出来ない荒業です。
因みに杉並区は黒のレギオン[ネガ・ネビュラス]の領土ですし出現パターンから中学生(バーストリンカーは最年長でも15歳)であることも推測できます。
それだけの対価を払ってまでハルに接触したのは何故かと黒雪は尋ねます。
中の人言うなー。(笑)
シルバー・クロウの翼が必要なだけのようです。
それも一度だけ。
《災禍の鎧》破壊の目的の為に。
黒雪はその名が出た瞬間「破壊された筈」だと驚いています。
しかも二年半前黒雪は《災禍の鎧》-クロム・ディザスター-の最後を目撃し消滅も確認しているのです。
ニコは何故また現れたと言っています。
戸惑うハルに黒雪は直結ケーブルを用意するように頼みます。
百聞は一見に如かずです。
50センチはニコで1メートルは黒雪となりました。
ケーブルの長さで親密度がどうたらとか子供の考える事なのです。(笑)
いや大人は態々そんなことを口にしません。(爆)
加速するのかと思いきやダイレクトリンクでVRムービーを見ることになります。(直結は極秘ということです)
四代目・クロム・ディザスターと純色の七王の闘いにリプレイです。
いやその前にハルと黒雪は兎も角タクとニコの通常アバターが。(笑)

クロム・ディザスターは加速世界黎明期の七年前に存在したバーストリンカーでした。
苛烈残忍な闘いですさまじい戦闘力で暴虐の限りを尽くしましたがやがて最期の時を迎え「この世界を呪う穢す何度でも蘇る」という言葉を残し加速世界から退場しました。
そしてその言葉通りに強化外装である"鎧"は消えなかったのです。
本来強化外装は単なるアイテムで意志を持っていませんがその《災禍の鎧》は違っていたのです。
《災禍の鎧》は討伐に参加したバーストリンカーの一人に所有権が移り精神を乗っ取り一夜にして残虐な殺戮者に変貌させてしまいました。
その後三回に渡り同じ事が繰り返されその度に《災禍の鎧》が消える事はなく次のバーストリンカーに取り付いて来たのです。

いよいよ黒雪のムービーに四代目が現れますがニコの見た五代目とはフォルムもサイズも全く違うようです。
装着するアバターに依って変わるようですが狂ったような攻撃性だけは共通です。
そこにあらわれたのは《絶対防御》[インバルナラブル]の緑の王-グリーン・グランデ-です。
硬いらいしいです。
ハルは手負いの四代目に同じバーストリンカーなのかと驚きを隠せませんがそれでも凶悪な攻撃性は失われていません。
黒の王-ブラック・ロータス-の攻撃でムービーは終りますがそこからまだ戦い続けて漸く果てたようです。
その後討伐に参戦した王達のストレージに《災禍の鎧》の存在はなかったのです。
結果呪は断ち切られたと確信していたからこそニコの話を俄かには信じられない黒雪です。
それに対しニコは「五代目の登場はどう言う訳」だと感情的になっています。
黒雪が五代目は何者なのかと尋ねると赤のレギオン[プロミネンス]のメンバーでチェリー・ルークだと明らかになりました。
五代目となり不可侵条約[談合]を破った為に粛清しなければならないと言う事なのですが断罪の一撃[ジャッジメントブロー]が当たらないようなのです。
そこで加速世界唯一の飛行アビリティを持つシルバー・クロウに白羽の矢を立てて協力を求めて来たというところです。
五代目クロム・ディザスターを掴まえる簡単なお仕事です。(笑)
ハルは怯えていますが黒雪は「何事も経験」と涼しい顔です。
然しながらタクは罠と言う可能性を指摘し危険だと言っています。
ネガネビュラスの目的はレベル10[レベル9をサドンデスルールで五人倒す事でレベルアップする]を目指す事ですから最終的に全ての王[レベル9]が敵なのです。
流石ハカセくんです。(笑)
それに対してニコはリアルを明かしている以上罠であるなら現実世界でケジメを取ればいいと主張しています。
黒雪もそれ以外のメリットとして協力に対する交換条件を期待していますが当面の杉並領土不可侵を勝ち取りました。
話も纏まりニコの五代目出現予測は翌日夕方だろうと言う事で明日放課後に再びハルの家に集合で解散となりました。

タクが帰り黒雪もハルとニコに見送られて・・・黒雪はニコに帰る気配がないことに気付きました。
ニコは全寮制の小学校で外泊許可をでっち上げて来たので帰れないのです。
黒雪さん落ち着いて。(笑)
と言う事で黒雪もお泊りする事になりました。
何このハーレム状態は。
ハルには断固一人で爆ぜて戴きたい。(爆)
ニコは[黒雪も?]想像を絶する程のブレインバースト累計プレイ時間によってリアルが果てしなく薄められてしまうと言いますが累計時間は兎も角ハルの場合はあくまでもゲームとして捉えられていますしそれに依って寧ろリアルも充実して来ている感じですね。
ラッキー何とか[しかも意図的w]を望むのは100年早いですが[BB]ならほんの一ヶ月強か。(笑)
何だよオプティマイズされたソリューションって。(爆)
まぁ三人で楽しいひと時を過すのでした。

ハルは夜中に目を覚まし月明かりに照らされた黒雪とニコの仲のいい寝姿を見てタクの「他の王は全て敵」という言葉を思い出して複雑な心境のようです。

説明が多くて構成も一苦労といった感じですが個人的には原作補正があるので楽しかったです。
アニメの場合は言葉がなくてもワンカットの画像で表現出来る強みが有る訳で引きの黒雪とニコのカットは良かったですね。
関係ないですけど今後出て来る予定の中の人が判明していて楽しみにしています。



L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

017ae940Loving You
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

アニメーション

TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト 境界線上のホライゾンII アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2カウンター

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。