Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZETMAN 【第11話】 感想

こちらの記事はトラックバック送信専用です。
TBを戴いて送信不可能なブログ様のみこちらより送信させて戴いています。
TBは Loving You にお願いします。

君の正義には重大な欠陥がある。(ドヤッ

以下この記事には作品の核心に触れる内容(ネタバレ)が含まれている可能性があります。

ZETMAN

【01】 【02】 【03】 【04】 【05】 【06】 【07】 【08】 【09】 【10】

【第11話】 「操り人形」

脚本 冨岡淳広
絵コンテ 菅井嘉浩
演出 菅井嘉浩
作画監督 小美戸幸代 虎助遥人
総作画監督 高谷浩利 鈴木勤

06月13日(水) ニコニコ動画 00:30

★★★★★


灰谷(遊佐浩二)の演説は続き街ではプレイヤーが傍若無人に暴れています。
人(浪川大輔)はその現場へと大急ぎで向っています。
一方高雅(宮野真守)は二郎(堀勝之祐)と対面する事になります。


人は変身ガムを忘れなかったようですね。
灰谷は気分よく演説を続けています。
阿鼻叫喚に殺戮現場に辿り着いた人は白Zでした。
いやおまいら見てないで逃げろよ。(笑)
あっさり撃破する人ですが灰谷は余裕です。
その様子を見ていた花子(伊瀬茉莉也)はまたもや頭痛に襲われていますがまだこの件を引っ張るのでしょうか。(笑)
いやシムラ後ろ後ろ。
怪しい男が現れて花子に「奴に会いたくないか」と手荒な真似をしています。
一先ずアマギの関与を暴露して灰谷に演説は終りました。

高雅はハンマーマンとの決死の闘いで正義の高揚感に酔っています。
ヤバイだろ。(笑)
ハンマーマンを撃破しますが二郎から「不合格」だと告げられます。
随分勝手な言い草です。
ハンマーマンには一郎(南央美)が関与していたようです。
女子高生達を解放しようという一郎ですが随分あっさりしています。
ただ高雅は命懸けで闘ったのに人殺し呼ばわりです。
まぁミーハーな一般大衆とはそんなものでしょう。
ところが意外にも高雅を庇ったのはあのサインBBAでした。
その時扉が開くと奥にエレベーターが現れました。
女子高生達は一斉に走り出します。
一緒に行こうと言う高雅の正義に理解を示したBBAに高雅は「行けない」とその場に留まります。
そして壁から突如攻撃が始まり高雅の目の前で全員虐殺です。
二郎の容赦のなさというのかサディスティック振りにはドン退きです。
プレイヤーの大量虐殺にしても躊躇いが一切感じられず寧ろ清々しい程です。
高雅は壊れる寸前ですがそこに茉柚(藤村歩)が現れます。
首筋に虫が・・・。
高雅を小葉がいるという(と勝手に勘違い)場所に誘い出します。
一応テストだと茉柚を疑っていますがテストは終わりと二郎が言ってたぞ。(笑)
まぁその言葉も流石に鵜呑みには出来ませんが。
何れにしても高雅に選択肢はありません。

人は警官隊と野次馬に囲まれています。
そこに佐山警部(菅生隆之)が到着すると人が人間の姿に戻りました。
野次馬は人を化物呼ばわりです。
助けて貰っておいてこれだよ。
まぁミーハーな一般大衆とは(ry
佐山は人を任意同行しますが変身していた人に対してそれほど驚いた様子はありません。

高雅は茉柚に連れられて二郎とご対面です。

君の正義には重大な欠陥がある。(ドヤッ

二郎を攻撃しようにも茉柚に武器を奪われてしまいました。
いやその前に茉柚がロックを解除してる時点でおかしいと気付けよ。(笑)
茉柚は操られている様です。

得意気に"正解"を語る二郎ですが単なるハッタリだったようです。
高雅に足りないものは冷徹であると看破したつもりのようですが単に高雅の力が足りないだけです。

佐山は人を現場から連れ出すために任意同行したようで変身出来ないから刑事をやっていると人を肯定しています。
そしてアマギの本社へと向います。

二郎は自分の言葉に酔っている様でもありますが突如顔が崩れ始めその状態に驚いた一郎は真の姿を高雅に見せます。
元々二郎はプレイヤーの研究者の一人で生きる為にプレイヤーの能力を移植したと言っています。
一郎はそれで蘇った様です。
プレイヤーが逃げ出した事に依って研究室は閉鎖され長い間閉じ込められていた様です。
そこに灰谷が現れたと言う事です。
とそこに早見(鈴村健一)が現れ熱くなる二郎を諌めます。
早見の目的はアマギそのものの様です。

アマギでは清造(広瀬正志)の記者会見が始まりました。
当然プレイヤーに関する事は全て事実無根と否定していますが加部(楠見尚己)が暴露しています。
加部も一郎の分身の虫に操られている様で自ら命を断ちました。
どうやら早見も二郎同様に高雅に清造の命を奪わせたい様です。
しかし高雅の掛け声で茉柚に奪われた銃が剣に変わり落としてしまいます。
それで高雅の手に戻り早見は斬られてます。
更に一郎と二郎を次々と銃撃します。
多大な犠牲を払った割にはあっけない幕切れです。
一郎を倒した事で茉柚も元に戻った様です。
高雅は茉柚を連れて外に出るとそこはアマギ本社の近くでした。
早速アマギの社員達も掛け付けます。
だから社名入りの車は目立つから。(笑)
高雅はアルファススーツを着込んでリミッターを外し決死の覚悟でアマギに乗り込むつもりです。

アマギの記者会見場では灰谷が手下を連れて乗り込んで来ます。
清造は予想していた様で私兵を投入しますが通用しません。
灰谷は記者会見気取りですがどんだけ目立ちたがりなんでしょう。(笑)
そこに白Zが現れます。
赤い石がない白Zでは灰谷の相手にはならない様です。
灰谷は白Zが覚醒したら死んでもいいとまで言っていますが覚醒に依って灰谷の仲間になる根拠でもあるのでしょうか。

急展開と言うか尺の問題か話が急激ですね。(笑)
容赦なく人間を葬り去る感じは某作品と双璧だと思います。
だいぶ秘密は明らかになりましたが花子に関しては灰谷側に関る何かがあるんでしょうかね。



L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

017ae940Loving You
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

アニメーション

TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト 境界線上のホライゾンII アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2カウンター

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。