Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZETMAN 【第12話】 感想

こちらの記事はトラックバック送信専用です。
TBを戴いて送信不可能なブログ様のみこちらより送信させて戴いています。
TBは Loving You にお願いします。

「俺が悪になったらお前が俺を殺せ」

以下この記事には作品の核心に触れる内容(ネタバレ)が含まれている可能性があります。

ZETMAN

【01】 【02】 【03】 【04】 【05】 【06】 【07】 【08】 【09】 【10】 【11】

【第12話】 「赤い杭」

脚本 冨岡淳広
絵コンテ 本多康之
演出 本多康之
作画監督 岩佐裕子 安藤義信 とみながまり

06月20日(水) ニコニコ動画 00:30

★★★★★


アマギの記者会見場で人(浪川大輔)は灰谷(遊佐浩二)の前になす術もない状態に陥っています。
高雅(宮野真守)はアルファススーツを着用しリミッターを解除して記者会見場へと向います。


明美(早水リサ)の許に身を寄せていた小葉(花澤香菜)は出掛けようとしています。
全てを見届ける覚悟のようです。

人の闘志を失わない目を見て灰谷は「プレイヤーの目」だと大喜びでもっと憎めと煽っています。
人間の姿に戻った人は倒れ込みます。
灰谷は赤い杭を取り出し"赤い石"から作ったものだと言います。
完全体になる為に必要なものです。
灰谷は完全体にならなければ勝てないと言いながら赤い杭を人に打ち込もうとしています。
本当に何がしたいのかわかりません。
そこに高雅が現れます。
凄くヒーローしてます。(笑)
人を助けた高雅ですが清造(広瀬正志)は天城家破壊の実行犯だから殺せと言っています。
その一言が高雅の理性のリミッターを解除してしまい清造に銃口を向けます。
人はそんな高雅を止めていますが清造は清造でアルファス量産型に高雅を狙うように命令します。
清々しい程に歪みがない外道です。(笑)
アルファスを汚されて激昂した高雅は銃撃しますが母・葉子(久川綾)が盾になりますが二人とも倒れます。
外道でも夫であり父親ということなんでしょうか・・・でも子供に代わりは幾らでもいるとかまともな親の言い草ではない気もするんですが。
人も高雅に対して激昂しています。
確かに親殺しもまともではありませんからね。
高雅は灰谷に銃口を向けますが動じる事はありません。
そして記者の中に紛れていたプレイヤーが姿を現します。
爆発が起こり会場は阿鼻叫喚の地獄絵図です。
アマギタワーの地上では小葉が到着して佐山(菅生隆之)に声を掛けられています。
混乱の中で人は何も出来ずにいますが灰谷が目の前に赤い杭を落とします。
高雅は八面六臂の大活躍ですが(ヒーローみたい笑)かなり負担が掛かっているようです。
会場には小葉と佐山が到着しました。
灰谷はホント何が嬉しいんでしょう。(笑)
このままでは赤い杭を刺さなければ全員死ぬと煽っています。
人も赤い杭を刺して完全体にならなければ死んでしまうようです。
灰谷は完全体になるというのはプレイヤーのカリスマになって人類の敵になることだと言っています。
どうも眉唾臭いですが本当にそうなら無理やりでも良かったでしょうし自らの意志が必要だというなら騙してもよかったのではないかと思います。
爪の甘さはプレイヤーだからなんでしょうかね。
プレイヤーにとっての人間は悪だと更に煽る灰谷ですが余計に人が完全体になっても人間に対する敵対行動を取るとは思えません。
エボルメンバーの例もありますし。
高雅は"赤い石"が敵に渡った時点でどんな仕掛けがあるのか判らない悪の染まったものだと言います。
人は逡巡しながらも赤い杭に手を伸ばしています。
灰谷はそれでは誰も助けられないと行って仲間を呼びました。
プレイヤーに囚われて現れたのは花子(伊瀬茉莉也)でした。
高雅が人の前にやって来ます。
「俺が悪になったらお前が俺を殺せ」
人は赤い杭を自ら刺しました。
そして人は完全体となりました。
どうやら悪になってはいないようです。
その時人の暴きの輪が輝き始めます。
突然花子が頭痛に襲われています。
灰谷は嬉しそうに裏返っています。
花子も・・・。
人の暴きの輪はプレイヤー近くに居ると反応して強制的に裏返らせ人間に戻さないようです。
だからカリスマなんでしょう。
花子が一番巨大化してます。
どうやら招待は砂の妖怪だったようです。
そういえばフナムシの時にも大量の砂が残っていました。
人と花子の出会いも灰谷の策略だったのです。
灰谷は人間の薄っぺらい心と残酷さを教える為だと嘯いています。
しかも花子の人に対する気持も騙しだと言い切っています。
勿論人はそんな言葉に惑わされる事はありません。

花子の正体はやっぱりか(笑)というところですが灰谷の策士としての真骨頂ですね。
まぁ確かに好きになるのが早過ぎるとかおかしな部分は沢山あったのですが花子の気持が騙し(最初はそうでも)だというのは何か違う感じもしますね。
灰谷が口八丁で人を洗脳しようとしているように見えるのは実際完全体が必ずしもプレイヤーサイドに付く訳ではないという証だろうと思います。
神崎悟郎(千田光男)が態々赤い石を残したのも他に重大な意味があったのでしょう。
元に戻れないというのは人もそうなんでしょうか。
結末は如何に。



L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

017ae940Loving You
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

アニメーション

TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト 境界線上のホライゾンII アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2カウンター

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。