Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーレツ宇宙海賊-パイレーツ- 【最終話】 (第26話) 感想

こちらの記事はトラックバック送信専用です。
TBを戴いて送信不可能なブログ様のみこちらより送信させて戴いています。
TBは Loving You にお願いします。

「そして、海賊は行く」

劇場で逢いましょう

以下この記事には作品の核心に触れる内容(ネタバレ)が含まれている可能性があります。

モーレツ宇宙海賊-パイレーツ- 【2クール】

感想【01】 【02】 【03】 【04】 【05】 【06】 【07】
【08】 【09】 【10】 【11】 【12】 【13】 【14】 【15】 【16】
【17】 【18】 【19】 【20】 【21】 【22】 【23】 【24】 【25】

【第26話】 SAILING 26 「そして、海賊は行く」

脚本 佐藤竜雄
絵コンテ 佐藤竜雄
演出 倉田綾子
作画監督 竹内浩志

06月30日(土) テレビ神奈川(tvk) 24:30
07月07日(土) ニコニコ動画 23:00配信
07月07日(土) バンダイチャンネル 24:00配信

OPテーマ 「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」 ももいろクローバーZ

EDテーマ 「LOST CHILD」 ももいろクローバーZ [【01】-【08】【10】【11】【14】【15】【17】-【25】]

(ED2)イメージソング 小松未可子 「Black Holy」 [【09】【12】【16】]

ゲストEDテーマ(3) 小松未可子 「透明な夜空 〜瞬く星に包まれて〜」 【13】 [挿入歌 【21】【26】]

ゲストEDテーマ2(4) 小松未可子 「未來航路」 【26】

01話 ★★★★★
02話 ★★★★☆
03話 ★★★★☆
04話 ★★★★★
05話 ★★★★★
06話 ★★★★★
07話 ★★★★★
08話 ★★★★★
09話 ★★★★★
10話 ★★★★★
11話 ★★★★★
12話 ★★★★★
13話 ★★★★★
14話 ★★★★★
15話 ★★★★★
16話 ★★★★★
17話 ★★★★★
18話 ★★★★★
19話 ★★★★★
20話 ★★★★★
21話 ★★★★★
22話 ★★★★★
23話 ★★★★★
24話 ★★★★★
25話 ★★★★★

26話 ★★★★★

終了


いよいよあの黄金の幽霊船が出現した場所でグランドクロスとの果し合いが始まります。
戦いを前に茉莉香(小松未可子)の許へチアキ(花澤香菜)からの通信が入ります。
「信じているから・・・あんたとわたしたちの未来。」


茉莉香達の前にグランドクロスが姿を現します。
しかも三隻。
決戦が始まろうとしています。
アバンはナレーションがありませんでしたがBGMだけでもワクワクしていました。
茉莉香はチアキの言葉もあってか自身満々ですね。

先ず緒戦は電子戦です。
クーリエ(堀江由衣)は何台もの端末を足までも駆使して操っています。
海賊船団の一致協力で電子戦が始まります。
グランドクロスのクォーツ・クリスティア(三瓶由布子)は五分五分だと一応評価を下していますが余裕の表情です。
しかも一人で操船や攻撃をこなすのでしょうか。
早速挨拶代わりの攻撃が始まりますが弁天丸は改修でパワーアップした通信機能を活用して電子妨害を仕掛けています。
茉莉香は海賊だからこそこれ迄の海賊の経験を信じ賭けると力強く宣言しています。
クルー達もその成長の姿に満足気です。

茉莉香は三隻のグランドクロスの挙動から一人で操船しているのではないかと推測します。
グランドクロスの海賊船団に襲い掛かりますが海賊の中にエスパーがいるんですけでも。(笑)
海賊船団は囮の自爆撹乱で集中砲火を浴びせます。
グランドクロスの重力波シールドはビームに対しては有効ですが実態弾に対しては未知数のようですね。
そして先ずは一隻の撃沈に成功しました。
海賊の艦隊戦は独立戦争以来ここ百年では始めてのようですが序盤は見事に機能し優勢です。
それこそが海賊であるが故の結果でもあるようです。
シャングリラからの連絡で茉莉香はミーサ(伊藤静)に後を任せてシュニッツァー(三宅健太)百眼(藤原啓治)を連れてブリッジから出て行きます。
白兵戦をやるつもりです。
ミーサは母親似だと送り出します。
バルバルーサに依って二隻目も撃沈し白兵戦で直接対決というところです。

頭に血が上ったクォーツは茉莉香を目の敵にし弁天丸を標的に据えます。
ケイン(松風雅也)に対してルカ(水原薫)は双子の弟を引き合いに出しますがケインは自分の腕に自信を持っているようです。
クォーツが弁天丸に気を取られて追い回している間にシャングリラがグランドクロスに接舷します。
ここまでクォーツ一人で全てを行って来た事が尽く裏目に出ているようです。

さぁ海賊の時間だ!

茉莉香達は意気揚々とクォーツの元へと向います。
宇宙服着用というのがまた臨戦態勢らしくていいですね。

事態を見守るバルバルーサではケンジョー(松本保典)がチアキに「この戦いの後はどうする?」と問い掛けています。
チアキはその質問の真意を掴みかねていますがケンジョーはこの戦いは海賊稼業を気に入っていて自らの誇りの為だと語ります。
ただ違う考えも有る訳でチアキはどうしたいのかと言う事です。
「キャプテン茉莉香と行くか。」
ケンジョーの言葉にハッとするチアキでした。

グランドクロスでは白兵戦が始まりますがエスパーだけではなく忍者も居ます。(笑)
一応敵方にもロボット兵士が居たようですが話になりませんね。
あのやらかした"若僧"は見習いになってました。(笑)
百眼に依ってグランドクロスの解析が進められ基本オートマチックで一人で操船されている事がわかりました。
そしてクォーツの居場所も掴めたようです。
そして茉莉香はクォーツと対峙します。
無駄な回転をして登場した(笑)ようにも思えますがやっぱり理に適った動作なんでしょうね。
敵に乗り込まれても余裕のクォーツです。
茉莉香はクォーツに海賊ではないと否定された話の続きをしたかったようです。
弁天丸船長加藤茉莉香はこの宇宙の今この時に存在している。
何故私が海賊なのか・・・それは加藤茉莉香だから。
禅問答ですか?(笑)
それじゃ答えになってないと言うのならそもそも問題にもなっていないのだから

お相子だよ

と茉莉香は煙に巻いています。
要するに自らが自覚を持っているのなら他人にとやかく言われる筋合いではないといったところでしょうか。
シュニッツァーが銃口を向け投降を呼び掛けますがクォーツはあっさり逃亡します。
しかも自爆するから早く逃げろと言っています。
そしてより広い海へ来いとそれを望む人がいるからと言い残して行きました。
やっぱりあの人?
茉莉香達が退避して程なくグランドクロスは自爆しました。
こうして圧勝という形で決着となりました。
弁天丸に戻った茉莉香から各船に勝利宣言が伝えられるのでした。

敗走するクォーツはプライドはズタズタという割にはそれ程堪えてはいないようです。
茉莉香を認めたようでもありますしまた会いたいと願っています。

何故か白鳳海賊団のオデットII世が現れますが茉莉香に加勢するつもりだったようです。
というかグリューエル(戸松遥)はマミ(小見川千明)の衣装を着込んで相変わらず海賊をやる気満々です。
他の部員達はヨット部の正装なんでしょうか。
しかもジェニー(佐藤利奈)まで乗り込んでいて現役・OGの混成チームです。
因みにリン(日笠陽子)はジェニーと同じ宇宙大学を目指しているようですね。
現役組は迎えの船に乗り込んで帰るようですがその船からは梨理香(甲斐田裕子)の声が。
パラベラム?
鉄の髭(小山力也)に迎えを頼んだのはグリューエルのようです。

ゴンザエモン船長

いや鉄の髭だからとあくまでも言い張るのでした。(笑)
まぁナレーションが誰目線だよに始まって鉄の髭の言葉と重なった辺りから何か訳ありな感じがしていたのですがヤッパリかー。
梨理香曰く"ロクデナシ"なりの愛情表現と言う事らしいですね。
そもそも宇宙の大海原に連れ出す切っ掛けを作った事なのか単にこの一連の出来事のフォローに対してなのか回りくどいので良く判りません。(笑)
茉莉香もその辺り薄々感じているようですが今は女子高生海賊として周囲の助力で存在している事を実感しているので空気を読んで敢えて掘り下げるつもりもないようです。
目指すは高校三年生ですがその前に試験です。

茉莉香は後期試験を無事クリアしてチアキも三度?四度?転校して来ました。

終っちゃいましたね。
半年間じっくりと描かれていただけあって茉莉香の成長がとても感じられました。
戦闘シーンは迫力満点でしたが後日譚の部分をさらっと描いていたのも良かったですね。
最後の最後でサプライズがありましたがこの先を描くのでしょうか。

img_943004_34189692_0

正直言いますと設定的な部分では面白そうだと思っていましたが当初はそれほど期待を持って視始めた訳ではありません。
それでも魅力を感じて引き込まれていったのはやはり丁寧な作品作りをしていたからではないかと思います。
自分ではちょっと分らない部分もあったのですが細かい部分に迄理に適った描写がなされているという話もありまして兎に角飽きることなく最初から最後迄楽しむ事が出来ました。
(男女の)恋愛要素を排除したという部分でも純粋に茉莉香の成長や友情の物語として捉えられたのかも知れません。
周囲の大人たちのキャラクターも個性的で魅力がありましたしプロとして一流であるというのも格好良かったです。
最終話の晴れ姿には感無量と言ったらちょっと大袈裟ですかね。(笑)
もっともっと活躍を見たいと思っていたらどうやら劇場版と言う事ですので暫しその時を待ちたいと思います。

スタッフ・キャスト・関係者の皆さん お疲れ様でした☆ありがとうございます

スタッフ
原作 笹本祐一 「ミニスカ宇宙海賊」(朝日ノベルズ)
原作画 松本則之
監督・シリーズ構成 佐藤竜雄
脚本 佐藤竜雄 伊藤美智子 水野健太郎 宮崎真一
キャラクター原案 あきまん
アニメキャラクターデザイン・総作画監督 竹内浩志
メカニックデザイン 河森正治 鷲尾直広 寺岡賢司 鈴木雅久 宮崎真一
小物デザイン 吉川美貴
美術監督 伊藤聖
美術設定 佐藤正浩 ロマン・トマ ルガル・ヤン ブリュネ・スタニスラス
モニターグラフィックス 長谷川拓哉
3DCGI 佐々木達郎
撮影監督 山根裕二郎
音響監督 明田川仁
音響効果 山谷尚人
音楽 Elements Garden 上松範康 藤田淳平 藤間仁
音楽制作 スターチャイルドレコード
制作 サテライト
製作 モーレツ宇宙海賊製作委員会
キャスト
加藤茉莉香 小松未可子
チアキ・クリハラ 花澤香菜
遠藤マミ 小見川千明
グリューエル・セレニティ 戸松遥
加藤梨理香 甲斐田裕子
ミーサ・グランドウッド 伊藤静
ケイン・マクドゥガル 松風雅也
百眼 藤原啓治
クーリエ 堀江由衣
シュニッツァー 三宅健太
ルカ 水原薫
三代目 松岡禎丞
グリュンヒルデ・セレニティ 金元寿子
ジェニー・ドリトル 佐藤利奈
リン・ランブレッタ 日笠陽子
ベリンダ・パーシー 三森すずこ
アスタ・アルハンコ 安野希世乃
イズミ・ユノモト 内田真礼
小林丸翔子 野村香菜子
エイプリル・ランバート 巽悠衣子
リリィ・ベル 佐藤聡美
原田真希 赤崎千夏
ウルスラ・アブラモフ 西明日香
サーシャ・ステイプル 高森奈津美
ヨートフ・シフ・シドー 斧アツシ
アイ・ホシミヤ 茅野愛衣
ヤヨイ・ヨシトミ 南條愛乃
ナタリア・グレンノース 伊瀬茉莉也
ショウ 安元洋貴
ケンジョー・クリハラ 松本保典
銀九龍 松山鷹志
フェイ 腹筋善之介
クォーツ・クリスティア 三瓶由布子
ナレーション/鉄の髭 小山力也



最後迄お付合い戴きまして有難う御座いました。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。



L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

017ae940Loving You
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

アニメーション

TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト 境界線上のホライゾンII アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2カウンター

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。