Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓 【第12話】 感想

こちらの記事はトラックバック送信専用です。
TBを戴いて送信不可能なブログ様のみこちらより送信させて戴いています。
TBは Loving You にお願いします。

あのヤマを乗り越えられますように・・・。

以下この記事には作品の核心に触れる内容(ネタバレ)が含まれている可能性があります。

【原作既読】
氷菓[1巻相当]愚者のエンドロール[2]クドリャフカの順番[3]遠まわりする雛[4]ふたりの距離の概算[5]
[1][2]は終了。現在は[3]。
[4]は短編集で一部[やるべきことなら手短に・大罪を犯す・正体見たり]放送済。


氷菓 【2クール】

【01】 【02】 【03】 【04】 【05】 【06】 【07】 【08】 【09】 【10】 【11】

【第12話】 「限りなく積まれた例のあれ」

脚本 村元克彦
絵コンテ 小川太一
演出 小川太一
作画監督 内藤直

アイキャッチ 秋分

OPテーマ なし
EDテーマ2  「君にまつわるミステリー」 千反田える(佐藤聡美)、伊原摩耶花(茅野愛衣)

07月09日(月) テレビ神奈川(tvk) 25:00

★★★★☆
【第11.5話】 「持つべきものは」 OVA
プロット 米澤穂信 (アニメオリジナル)
脚本 武本康弘
絵コンテ 太田里香
演出 太田里香
作画監督 堀口悠紀子
アイキャッチ 白露
OPテーマ 「優しさの理由」 ChouCho
EDテーマ 「まどろみの約束」 千反田える(佐藤聡美)、伊原摩耶花(茅野愛衣)
07月08日(土) 24:00 USTREAM
コミック版『氷菓』3巻限定版(2013年01月発売予定)附属Blu-ray Disc収録予定(完全受注生産)

視聴済ですが限定的公開の為ネタバレ感想等は控えさせて戴きます。


える(佐藤聡美)は月夜の夜道を散歩しながら古典部員達に思いを馳せています。
摩耶花(茅野愛衣)は眠れず薬の世話になるほどです。
里志(阪口大助)はどう楽しもうかとチェックに余念がありません。
奉太郎(中村悠一)は神山高校のホームページを眺めていますが特に思うこともなさそうです。
最後にえるは神頼みです。
文化祭が始まります。


またOPないんすか。(爆)

第54回神山高校文化祭初日の朝です。
奉太郎は登校前姉・供恵(雪野五月)に絡まれています。(笑)
古典部の文化祭はトラブル無しには終らないのが伝統だそうですが"先輩OG"からお守りにと壊れた万年筆を貰いました。
学校へ向う道奉太郎は相変わらずで里志は楽しそうです。
KY文化祭て。(笑)
KamiYamaか・・・KanYa?
里志は摩耶花を見付けますが素人集の前ではコスプレは禁句です。(笑)
摩耶花の装いはフロルベリチェリ・フロルだそうです。
知りません。(笑)「11人いる!」と言うタイトルは聞いた事だけはあります。
それにしても摩耶花は元気がありません。
一方で里志は何時も以上にはしゃいでいますし奉太郎は賑やかさに圧倒されています。

里志は一旦手芸部へと向い奉太郎と摩耶花は古典部の部室に向います。
部室にはえるが居ました。

頑張りましょう!

えるは妙に気合が入っています。
頑張ればなんとかなる保障はありませんが頑張らなければなんともならないことは保障出来ます!
ご尤もです。(笑)
どうやら摩耶花に元気がない原因は古典部文集「氷菓」第48号の発注ミスだったようです。
何故か30部の予定が200部になってしまったようです。

ぎゃらくすぃ~

里志がやって来ました。
サターンのコスプレです。(笑)
入口より大きくて早速壊してます。(爆)
どんだけお祭好きなんだよ。
四人揃ったところで摩耶花は謝罪します。
里志が慰めますが無論説得力はありません。
まぁ結局古典部全員の責任と言う事で落ち着きました。

そして緊急販売会議です。
売価は200円で高いものではありません。
問題は古典部のネームバリューと立地条件の悪さです。
奉太郎は知名度アップと他に売り場を作る事だと言いますがえるは逆転の発想だと感心しています。
当日に売り場を作れるのかは未知数ですが里志は総務委員長か生徒会長に直接交渉してはどうかと提案します。
総務委員長?
里志が神高文化祭の栞「カンヤ祭の歩き方」を開きます。
委員長は田名辺治朗(福山潤)と言うそうですが奉太郎は初見だったようです。
更に栞には里志の仕掛けがあって各部の紹介の最後に古典部がありました。
軽く職権濫用で捻じ込んだようです。(笑)
総務委員長は会議室にいるようですが里志は交渉には自信がないのでえるが話をして横から口添えと言うのはどうかと言っています。
一先ず話は纏まりましたが奉太郎にはえるが乗り気でないように見えたようです。
里志は宣伝なら秘策があると俄然やる気を出して張り切っています。
文化祭のコンテストやイベントに古典部の名前で出場することのようです。
奉太郎には里志が楽しみたいだけとしか見えないようです。
それにしても奉太郎のツッコミ満載です。(笑)
ところが奉太郎はあっさりいい考えだと支持します。
店番で楽する事を思い付いたようです。
無言のツッコミはさて置き役割分担は決まりました。

エイエイオー!お~

取り敢えず体育館で開会式だそうです。
開会宣言の後いきなりブレイクダンスが始まっていますが里志はノリノリで摩耶花はテンション低めで奉太郎は特に変わりない感じです。
えるが一番楽しんでしましたがそれどころではない事を思い出して体育館を抜け出しています。

総務委員会へ向かうえるですが書道部に引っ掛って書道を始めます。(笑)

米作りは土作り

気を取り直して先を急ぎますが今度は百人一首部です。
見事にメダルの様なものをゲットしてますがいけませんねこれでは。(笑)
鶏と言うのか・・・子供かよ。(爆)
漸く目的の総務委員会本部の前に辿り着くえるでした。
ところがノックしてみますが誰も居ないようです。
が入口の横に貼られている文化祭のポスターに目を奪われるえるなのでした。
また忘れ掛けてる?(笑)
そして入口の前で佇む?えるに声を掛けたのが田名辺でした。
えるはいきなり結論から入りますがそりゃ田名辺はなんのこっちゃになるでしょう。
微妙な沈黙の後えるは順を追って話すのでした。
当然返事はノーということであっさり引き下がって立ち去ろうとするえるですが寧ろ田名辺が慌てています。
まぁ原則論としてはそうですが事情に依ってはと田名辺はえるを引き止めます。
交渉に際してえるは里志の口添えの予定があった筈だと思い出しますが当の里志は体育館で爆笑しています。
ダメだこりゃ。(笑)
それでも事情を話すえるですがやっぱり却下です。
事情は何処の部にもあるってだったら事情を聞かなくても・・・。(汗)
ただ他の部の売り場に"氷菓"を置いて貰うと言うなら総務部の関知する事ではないからとアドバイスがありました。
またしてもえるは目から鱗です。

摩耶花は漫画研究会へと向いますがやっぱりテンション低めです。
入口で躊躇していますが意を決したように中へと入ります。

ボカロが居た。(爆)

摩耶花は河内亜也子(浅野真澄)に声を掛けられますが足元にダメ出しされてます。
ボカロ軍団にも陰口を言われたりして漫研は漫研で色々あるようです。
部長の湯浅尚子(進藤尚美)もやって来ますが"氷菓"を漫研の売り場に置かせて貰うように頼めませんでした。

漫研には早速お客様第一号ですが古典部は当然閑古鳥です。
静かです。

店番万歳・・・

奉太郎なりにエンジョイしているようです。(笑)
取り敢えずやることもないので販売予測を始めてみますが事情が事情だけに古典部四名×2部と顧問と保存用で合計12部は確実です。
以上・・・良く出た方だと大満足です。(笑)
奉太郎は廊下に出て中庭を覗くとアカペラ部が歌っています。
歌が終ると全くやる気のない拍手をしている奉太郎です。
アカペラ部のアップルジュースが行方不明でちょっとした騒ぎで奉太郎も興味を示しますがそれも一瞬でまた部室の中へと戻るのでした。
とそこにパンク(谷山紀章)が現れました。
奉太郎に緊張が走りますが客でした。
しかし愛想笑のひとつも出来ない奉太郎ですがパンクは細かい事は気にしません。
多分。
奉太郎も愛想というより卑屈です。(爆)
がパンクは奉太郎の万年筆には興味を示すのでした。
パンクは被服研でフォマールのジャケットの胸ポケットに合わせる小物を忘れ探していたようで大層気に入っています。
どうせゴミだからあげますという奉太郎です。
どういう言い草かと思いますがパンクは気にしません。
代りに7番のワッペンを置いていくパンクでした。
優先券で最高のコーディネートをしてくれるそうですが被服研のファッションショーのエントリーのワッペンですか?

イラネ!

あっさり放り出す奉太郎です。

一方えると言えば再開されたアカペラ部の歌を聴いてノリノリです。
思い出す~♪で任務を思い出すえるでした。
「またです!」って何回目なんでしょう・・・しかもその直後に写真部に捕まってえるのコスプレファッションショーが始まるのでした。(笑)
そしてまた任務を思い出すのでした。
つか目に入るもの全てがえるにとっては興味深いもののようです。
ある意味えるらしいのですが前しか見えなくなる眼鏡があっても無理だと思います。(笑)

さて後半戦(全22話予定)に入りまして文化祭となりました。
お祭気分ということなのかかなり砕けた印象の演出になっていると感じました。
そもそも原作で里志は変なコスプレとかないですし・・・。(笑)
まぁアニメになると画がある分よりコミカルに感じるところもあるのだろうと思います。
特にえるの萌度がどんどん上がっていく感じがしてます。
そう考えると実はアニメ向きの原作だったということですね。



L(^^).O(^^).V(^^).E(^^)
うんたん♪てへぺろ(・ω<)

017ae940Loving You
関連記事
スポンサーサイト

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

アニメーション

TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト 境界線上のホライゾンII アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2カウンター

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。