Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ryobara2.blog67.fc2.com/tb.php/332-1049e77b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[太陽と月]


空に太陽と月が同居する黄昏時、見知らぬ街に僕は居た。

不思議な事に初めて訪れた場所の筈なのに懐かしい気がする街だった。

理解出来なかったのは何故此処にいるのかと云う事…。

(記憶喪失?それとも気が触れた?)

いや朝の些細な喧嘩や昼食がカレーだった事も覚えている(笑)
…唯この街に来た経緯がよく判らなかった。

(あ!)

その時前から見覚えのある制服を着た女子高生が歩いて来た。

(母校の制服!でも確か少し前に変わった筈!?)

彼女の制服には母校の校章が付いていた…混乱しながらも思い切って彼女に声を掛けた。

「ここんにちは。駅への道を教えて欲しいのですが…。」

彼女は一瞬驚いたような顔をしたが直ぐにハキハキとした口調で丁寧な説明を始めた。

(あれ!何処かで会った事があったかな!?)

説明を続ける彼女の顔を見ながらふと思ったがその時は思い出せなかった。
説明が終わりお礼を言って彼女と分かれ駅に向かった。

この街は間違い無く母校の近くのようだが…
辺りはすっかり夜の戸張が降りていた。

(それにしても今の女子高生の笑顔は素敵だったなぁ・・・)


…♪現実に戻れば 夢は眠りにつくけど~♪…

ふと気がつくと目覚ましのアラーム代わりのラジオから歌が流れていた。

(あれ?夢?)

不思議な気持ちでいると妻がやって来た。
昨日喧嘩して少しバツが悪い。
それを察してくれたのか彼女は微笑んで

「おはよう~☆またはお帰りなさい?(笑)」

(え!?お帰りなさいって…)

「若い女の子に会って来たでしょう~☆(笑)」

(えぇ!夢じゃなかったの!?)

「な何がぁ…」

(思いっ切り動揺してしまった…)

彼女は微笑むだけだった。

「・・・。」

微笑む彼女を見つめていると…

「・・・。」

(判った!)

何と!昨日出会ったのは高校時代の彼女だったのだ。

(でも何故?面識はなかったけど彼女は同じ高校の同級生。高校時代は随分前・・・)

彼女が口を開いた。

「私ね、今のあなたに17歳の時にあったことがあるのよ・・・。それが昨日。」

(ウチノオクサンハナニヲイッテイルノデショウカ・・・?)

フリーズしつつ僕は聞いた

「な何で教えてくれなかったの?」

彼女はまじめな顔で、

「昨日は新しいスーツで出かけたでしょう。それを見て思い出したの。あなたがあの時の人だって・・・。しかも昨日は"運命の日"だったから・・・。」

「運命?」

「そう、運命。あなた私に道を尋ねたでしょう?」

(どうやら本当の事だったのか・・・!)

「それでバスに乗りおくれちゃったの・・・。」

(うわっ!そこから迷惑かけてたのか~・・・)

彼女は笑顔に戻り続けた。

「それで不思議と腹がたつこともなくて、次のバスを待つのに本屋さんに入ったの。そこで今の仕事に就くきっかけになる本と出逢ったのよ。」

「そう・・・だったんだぁ。」

(傍からみたらかなり不審な会話だろうな)

「だからあなたは2度私の人生を変えたのよ。」

「2度?」

(まさか怒ってないよね?)

「うん、そう2度。最初は17歳の時で2度目は結婚・・・出逢ってくれてありがとう!」

彼女との出逢いは仕事の関係だったのだ。

「う・うん・・・。」

返事がやっとだった。

実は彼女にはひとつだけ秘密があって高校時代面識はなかったけれど僕は彼女が好きだった。
だから仕事で出逢った時はその奇跡に感謝していた。
でも奇跡はもっと前(後?)に起こっていたようだ。

「不思議だけど人には話せないよね(笑)」

彼女は僕の大好きな笑顔で話した。

「そうだね。・・・。出逢ってくれてありがとう!」

僕も笑顔で話した。



何でそんな事が起きたのかはわからない。
ただ最近お互い仕事ですれ違い気味で喧嘩が多かったのは確かだ。
二人の絆を緩めないように奇跡が起きたのかも知れない。



空に太陽と月が同居するトワイライト。奇跡の扉が開くと言う。
二人はこれからも一緒だ。





<了>
今木 洛

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ryobara2.blog67.fc2.com/tb.php/332-1049e77b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

アニメーション

TVアニメーション「魔法少女まどか☆マギカ」公式サイト 境界線上のホライゾンII アクセル・ワールド ソードアート・オンライン

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

FC2カウンター

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。